離島で助産師として活躍するためには?

離島で助産師として活躍するためには?

助産師は出産に立会い、母子の健康を守るためにそのスキルを活かす非常に重要な仕事です。命が誕生する場には欠かせない存在となります。極端な話、人が住んでいるところならどこでも必要な存在、ということになります。

ただ、助産師に限られた話ではありませんが、医療サービスは都市部が充実し、地方では不足しがちになる傾向があります。それは離島になると極端な形となってあらわれる場合もあります。とくに離島の場合、医師や看護師は居ても、助産師はいないというケースも少なくないのです。住民の数が少なく、出産の機会が少ないというのが大きな理由です。

では、そんな離島で助産師として活躍するためにはどうすればよいのでしょうか。そのためには、いくつかの方法が考えられます。まず離島の求人を探す方法。ただ、当然求人数は少ないですから、情報収集が重要なポイントとなります。一般公開されている求人サイトでも探すことができますが、やはり看護師・助産師の情報を専門的に扱っている転職サイトを利用した方がよいでしょう。ナースではたらこ、ナースフルでは助産師の情報も充実しています。

それから、看護師として勤務するケース。通常は看護師として働き、出産の時に助産師としてのキャリアを活かすという形です。助産師の募集はしていなくても、看護師としての募集はある、というケースも少なくありませんから、これもひとつの選択肢となるでしょう。ただ、助産師として働く機会がどれだけあるのか事前に確認しておく必要があります。

もうひとつはパートタイムの形。定住ではなく、離島に赴き、一定期間助産師として勤務する形です。上述のように、離島ではどうしても出産の機会そのものが限られてきてしまうため、常勤の助産師の需要が少ないのです。そのためパートタイムの形で雇うケースが少なからず見られます。この場合も、情報収集が鍵となるため、転職サイトをできるだけうまく活用することが求められます。

助産師の需要がまったくない離島はほとんどないといってよいでしょう。確かに離島ならではのハンデはいくつかありますが、地域密着、住民たちと密接にかかわり、全員が安心して暮らせるような環境づくりを行っていける魅力もあります。人口が少ないからこそ、ひとつの命の誕生がより感動的になる面もあるでしょう。そんな魅力的な離島での勤務を目指してみてはいかがでしょうか。募集が少ない一方、応募も少ない傾向がありますから、条件のよい職場を見つけてキャリアを重ねるよい機会にもなるはずです。

助産師求人サービスの人気ランキング ※無料利用できるのでオススメ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.