助産師として再就職するにはどうする?

助産師として再就職するにはどうする?

助産師は、看護師免許を取得した人にしかなることができない職業です。その意味では、看護師よりも上位の資格ともいえます。ただその一方で、少子化の影響によって職場が少なくなったり、待遇面で不利になるケースも見られています。そのため、せっかく助産師の資格を取得したにも関わらず看護師として働く人も少なくありません。

また、少子化の影響はブランクがある助産師の再就職の機会を狭めている面もあります。助産師の分野では、活躍の場が減っている一方、即戦力として働ける助産師は各地で引く手もあまたとなっている状況があります。つまり、順調にキャリアを重ねてスキルを身につけている助産師と、これまでキャリアを重ねる機会に恵まれなかった人との間に就職・転職における有利・不利の差がはっきりと分かれている傾向が見られるのです。

では、助産師として再就職するにはどうすればよいのでしょうか。看護師としては働いていた環境から改めて助産師を目指す場合にも、結婚・出産によるブランクから復帰する場合でも、まずはチャンスを探さなければ話になりません。そのためにもできるだけ多くの求人情報を探すことが第一となるでしょう。看護師とは異なり、助産師は求人の数そのものがあまり多くありません。また看護師の求人情報と混在していることが多く、効率よく探せる方法がまず求められます。

お勧めなのが、専門の転職サイト。ナースではたらこ、ナースフルといった転職サイトでは、看護師だけでなく助産師の就職情報も専門で取り扱っており、多数の情報の中から効率よく探していくことができます。登録・利用とも無料ですから、まずは登録して試してみるとよいでしょう。

多彩な条件で求人を探せるのも、こうした転職サイトの魅力です。ブランク可能な求人、未経験可の求人などをチェックすれば、余計な情報に惑わされることなくチェックしていけます。また研修制度など教育制度が充実している求人を探すのもよいでしょう。

助産師は経験が重視される職業です。その点で、再就職は不利になるわけですが、逆に再就職後に経験を積んでいけば比較的ブランクを埋めやすい職業でもあります。転職サイトでなじみやすい職場を探してみるにもひとつの選択肢になると思います。極端な話、ブランクを埋めやすい職場に再就職し、そこで一定のキャリアを積んだ後、より良い環境を目指して転職を志す、といったルートも選択肢となるでしょう。再就職の際には、広い視野に立って選択肢をカバーするとより良い選択ができるはずです。

助産師求人サービスの人気ランキング ※無料利用できるのでオススメ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.