助産師さんの求人サイト

助産師と保健師の違い

助産師と保健師の違いは、その役割にあります。助産師が妊産婦に対象を限定して諸問題の対応をしているのに対し、保健師は地域住民など広範囲にわたる人たちを対象として健康管理などをおこなっている点です。そういった意味では、助産師の仕事が保健師の仕事に含まれているとも言えるようです。ただ、保健師は助産行為を行う事はできませんので、この部分に関しては、助産師特有のものと言えるようです。

このように、助産師と保健師の仕事というのは似ているようなのですが、詳細に見れば異なっており、領域も若干の違いがあると言う事がわかります。一般的なイメージとしては、助産師のほうが資格取得が困難な事、やりがいが大きい事などがあるようです。また、助産師も保健師も、ともに看護師の資格を取得しているためか、転職などにおいても選択肢が多く、人気があります。

看護師のように「仕事がきつい」などといった理由で退職を考える人も少なく、どちらかというとゆったりと構えて仕事ができるため、看護師からの転職を考えるという人が非常に多いようです。

このような助産師や保健師などに転職しようとしている看護師は、必要とされる教育を受け、資格取得を目指してください。資格取得ができている人は、転職支援サービスを利用して、早速転職活動を始めましょう。看護師の資格を取得していますから、比較的スムーズにいくはずです。また、助産師や保健師に転職しても、何となく納得できない・・・といった場合には、看護師に戻るという手もありますから、不安に思う事なく、積極的に助産師や保健師を目指してみるのも良いかもしれません。

資格は、あって損するものではありません。女性は特に、年齢を重ねるにつれ、就職が難しくなっていきます。何の資格もない中高年の女性になってしまえば、パートでレジ打ちをするくらいしか道は残されません。しかし、有望な資格を取得している場合には、いくつになってもそれを生かした就職ができるのです。

助産師や保健師といった資格は、非常に将来が有望であり、専門性の高いものですから、取得しておいて損はないでしょう。ただ、看護師よりも守備範囲が狭いので、経験できる仕事は少なくなります。看護師という仕事で十分に経験を積んだ人などは、その先のステップアップとして助産師や保健師を目指すというのも非常に良いと言えます。転職支援サービスを利用して、最適な転職先を見つけてもらいましょう。

助産師の求人情報は専門のエージェント(無料)を利用しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.