助産師さんの求人サイト

看護師と助産師の違い

看護師と助産師の違いは、明白です。看護師は病気や怪我などに苦しむ人たちの看護および身のまわりの世話、介助などを行うとしています。そして助産師は、妊産婦に対する助産行為を行うとしています。

資格と言う意味では、助産師も看護師資格を取得していますので、助産師にも看護師同様の業務を行う事が許されています。つまり、看護師の業務に助産行為がプラスされたといったイメージが、助産師であると言えます。また、助産行為を行う事ができるのは、医師と助産師のみに限定されていますので、助産師資格のない看護師は、助産行為を行う事はできません。

また、勤務先を比較してみると、看護師は病院・福祉施設・企業・学校・保健所など多岐にわたり、助産師の場合も、病院・助産院・学校などさまざまなようです。この他の看護師と助産師の大きな違いは、仕事の領域でしょうか。

看護師は、例えば規模の大きめな病院であれば、定期的に配置換えが行われますので、さまざまな診療科を経験する事が可能になります。しかし、助産師として働く場合には、それしか行う事ができず、他の診療科などの経験をすることは不可能なのです。もっとも、看護師の資格を取得している助産師ですから、産科などの中で看護師の行う業務を兼務すると言う事は可能なのかもしれません。

こうした中で、やはり看護師ではなく助産師として働きたい、助産師として生命誕生の現場で働きたい、などさまざまな思いを胸に抱いている看護師は、転職支援サービスを利用してください。看護師から助産師になるためのさまざまなアドバイスやサポートが受けられるはずです。看護師から看護師への転職とは異なり、さまざまなサポートが必要になる可能性があるからです。

看護師と助産師。似ている仕事と言えばそうなのですが、転職ともなると、それ相応の対応が必要になります。ですから、転職支援サービスを利用して転職したほうが、無難であると言えるのです。助産師は、看護師としてこれまで得てきた知識や経験を、さらに磨き、ステップアップするには十分な仕事と言えます。

世間一般の持つイメージとしては、看護師よりも助産師のほうが格が上だという話もあります。恐らく、看護師資格にさらに助産行為がプラスされているためだと考えられる点や、学歴に違いがある点などがこうした一般的なイメージを生み出しているのかもしれません。ぜひ転職支援サービスを利用して、助産師への転職を成功させてください。

助産師の求人情報は専門のエージェント(無料)を利用しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.