助産師さんの求人サイト

助産師の行える行為

助産師が単独で行える行為には、ある種の限度があります。例えば出産後の臍帯の切断などは、一見、医療行為に見えるのですが、法律の規定に定める助産行為として助産師にも認められています。しかし、多くの助産行為の規定については、法律でも明確にはされておらず、その助産師の判断に任されるところが多いと言います。

ただし、助産師が単独で行える助産行為は、正常分娩のみと限定されています。正常分娩の範囲には、妊娠期間中の異常も含まれるため、そうした経緯がある場合には、助産院などでの出産はできなくなります。さらに、正常な経過を経て分娩が開始されたにも関わらず、分娩の途中で異常が起こった場合などには、病院等への連絡をしなくてはならないとしています。

助産師が単独で助産行為を行うのは、主に助産師が個人で開業している助産院と言う事になります。こうした助産院は、病院ではありませんので、そうした機能を持っていません。ですから、産婦に異常が起こった場合には、病院への連絡をし、場合によっては搬送する必要が出てくるのです。

病院より身近で安心して出産が行える場として注目されている助産院ですが、利用にはある意味リスクも伴うと言えます。健康や体質などに異常がなく、妊娠期間中に異常がなかった場合には、助産院という選択もできますが、そうでない場合には、助産院の利用は不可能となってしまうのです。

この他にも、助産師の活躍の場は病院などがありますので、そうした現場での助産師の行う助産行為は、通常の病院で言う看護師のようなイメージです。大きな病院などの産科では、どの人が看護師でどの人が助産師なのか、見分ける事がほとんどできません。というよりも、看護師に混じって助産師がいるという事すら知らない人のほうが多いのではないでしょうか。病院で働く助産師は看護師の資格を持った人が多いようですから、病院で働いている助産師は、看護師としても働いているようですので、見分けがつかなくて当然なのかもしれません。

このような、助産師に転職したい看護師は、転職支援サービスを利用してみることにしましょう。看護師の資格を生かしながら助産師になりたい場合には、転職先としてはやはり大きめの病院の産科が主となってくるでしょう。しかし希望によっては小さな産科などもありますし、助産院という手もあります。命の誕生を見守る、大切な役割を果たせる助産師となって、大いに活躍してください。

助産師の求人情報は専門のエージェント(無料)を利用しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.