助産師の面接対策

面接対策をお考えの助産師の方へ

面接は就・転職の際に避けては通ることができない重要なプロセスです。そのため緊張しがちな人や、人の前で自己表現が得意でない人にとっては強く苦手意識を持つものでもあります。

しかしながら就・転職の採用の合否は80〜90%が面接で決まると言われており、採用を勝ち取るには、面接の場でどれだけ自分の人間性をはじめ、助産師としての能力や資質を相手に知ってもらうことができるかがポイントになります。面接で緊張したり、上手く自分を表現できないことは誰にでもあることではありますが、十分な事前準備とイメージトレーニングを積んでおけば、本番で納得の面接を得られることでしょう。そのためにもしっかりと面接対策をし、本番に臨むことが大切です。

面接において面接官は、「志望の動機」「なぜこの病院で働きたいのか」「病院に感じる興味や魅力」「助産師としてのポリシー」などを特に知りたがっていることをまず認識しておくと良いでしょう。特に助産師をはじめ看護職は離職率が10%を超えており、働く意思や動機が非常に大切になります。実は一緒に働く仲間が同じ目的意識や同じ目指す方向性にあるかどうかというのが採用合否のキーでもあり、面接ではその意思を確認し合っていると言っても良いでしょう。

また面接官は質問のやり取りの中で話題を展開し、抽象的な質問や何気ない質問を投げかけたりもします。話題の展開や抽象的なテーマを与えることで応募者の理解度や判断力を評価し、自己表現からその人の人間性・性格・仕事の適正などを引き出して人物評価していきます。

納得・成功の面接、自分を自分らしく表現した面接にするには、応募する病院と自分自身について徹底的に調べ上げ、理解し、自分の言葉で意見や説明ができるまで毎日訓練することが大切です。病院については求人情報、HP、関連するWEBサイト、新聞や雑誌などきるだけ多くの情報ツールを使ってその病院の特色、沿革、規模、理念、将来性、業績などを調べて応募先に詳しくなっておきましょう。

また自分のこととは言え、いざ緊張の空気漂う面接の場ではなかなか自分を上手く表現できないものです。志望動機はもちろん、職務経験、自分の性格、長所・短所、夢や目標などは一度きちんと整理し、言いたいことや自己PRはまとめておくと良いでしょう。

「リクルートナースバンク」「マイナビ看護」「とらばーゆ看護」「看護roo」などの看護職向けの求人・転職支援サイトではこうした面接対策についてもしっかりアドバイスし、面接に同行してくれるサポートもあります。仕事探しのプロサイトは賢く活用してみるのがオススメです。

面接対策は専門の求人サイトに無料相談しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.