助産師になるには

助産師になるには

助産師とは女性の妊娠から出産・産後にわたるまで各ステージで母子の健康を管理し、ケア・サポートを行う専門職です。「助産またはじょく婦もしくは新生児の保健 指導を業とする女子を指」と法律で定められた女性だけに認められる国家資格です。具体的には母体の医学的な観察・指導・ケアを行う助産・新生児の観察、へその緒の切断や傷口の処置、生まれてきた赤ちゃんの沐浴、出産後は新生児のケアや保健指導、授乳教育、育児相談など幅広く母子をサポートするのが役割です。また体外受精などの不妊治療を行うカップルの心理的なサポートや、個人を尊重したケアを担うのも助産師の大きな役割となっています。

こうした女性の妊娠・出産を支えるスペシャリスト「助産師」になるには、大きく2つの選択肢があります。いずれにしても高等学校卒業後、最低4年間の修学を必要とし助産師になるには看護師免許を取得していることが条件になります。ひとつの選択肢としては高等学校卒業後、助産過程のある4年制の看護系大学に進学し、修学・国家試験合格後に助産師になるものです。もうひとつは看護師専門学校や看護系の短期大学を卒業して看護師国家資格取得し、その後さらに助産師養成学校に進学し、1年間の修学を経て国家試験合格し助産師になります。要は4年制の看護系大学で看護師と助産師の両方を一貫教育の中で受けるか、看護師・助産師それぞれの専門学校で修学するかの違いになります。

これから助産師を目指す人にとって大学進学か専門学校へ進むかは大きな岐路になりますが、まずは自分の成績と照らし合わせることが先決です。看護・医療業界も高学歴化が進んでいることはもとより、専門性の高い資格取得や知識・技術研鑽のために臨床現場で何年か経験を積んだ後、大学に戻って勉強や研究にチャレンジする人も少なくありません。そのため近年は大学志向が強くありますが、看護系大学は偏差値が高く大学によっては難関のため、学校選択は成績が基準になります。

将来的な可能性や学びのフィールドが広いという点では大学に大きなメリットがありますが、大学の助産コースには人数制限があり、ほとんどの大学でひと桁の人数しか養成しておらず、養成期間もかなり短期集中的に行われているようです。そのため助産師養成コースのある看護大学に進学したものの、コース受講できずに助産師養成学校に入学し直したり、助産師資格は合格したものの看護師試験に失敗したというケースもあるようなので、大学か専門学校かの選択は充分なリサーチ・検討が必要です。

助産師求人サービスの人気ランキング ※無料利用できるのでオススメ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.