新生児訪問と助産師

新生児訪問と助産師

助産師とは女性の妊娠・出産・産後にわたる各ステージで母子の健康を管理し、ケア・サポートを行うお産のスペシャリストです。助産師の仕事には、医師の診察の介助、助産師外来、母親学級、妊婦ケア、分娩の介助、新生児ケア、授乳・沐浴指導、電話訪問など幅広く母子をサポートする役割があります。また助産師の仕事はこうした出産や新生児ケアに集中していますが、実はその他にも思春期の性教育、正しい避妊方法の指導、母親支援、婦人系疾患や更年期障害の症状の相談、そして体外受精などの不妊治療を行うカップルの心理的なサポートや、個人を尊重したケアを担うのも助産師の仕事です。助産師の仕事は病院・診療所・保健所など幅広いフィールドで、女性のあらゆるライフステージにおける心身のサポートを担う職業なのです。

特に母子サポートの面では新生児訪問があります。これは生まれてきた赤ちゃんが一番最初に受ける定期健診になります。自治体にもよりますが、一般的には妊娠して母子手帳をもらった時に出生届とともにハガキ等で連絡するシステムになっていて、赤ちゃんが生まれて退院してから1ヵ月健診を行うまでの間に助産師(または保健師)が自宅を訪問して赤ちゃんを健診します。ここで新生児訪問を行うのは病院や診療所でお世話になっていた助産師がくるのではなく、各自治体に籍を置く助産師(または保健師)が訪問します。

新生児訪問では、妊娠・出産・退院までの異常や医師からの指示の有無、身体計測、哺乳状況(1日の回数・哺乳量・哺乳力・授乳時間など)、排泄状況(排便・排尿の1日の回数・性状など)、育児の状況(家族の健康状態・新生児との関わり方・家庭環境・育児不安など)、心身状況(機嫌・姿勢・泣き声・体重の増加など)などを確認し、コミュニケーションの中で不安や疑問点などの解消・アドバイスを行います。

また新生児の発育・発達・成長には個人差があること、予防接種・乳幼児健康診査・育児相談などの保健サービスの今後の流れなどの情報提供や、沐浴・オムツの仕方・抱き方・事故防止の視点からの室内環境の整備など、生活の場に合わせた指導も行います。

新生児訪問は母子と行政サービスとの最初の出会いの場・重要な機会であることを認識し、お母さんの話を十分聞くとともに継続的な訪問・支援につないでいくことが必要です。特に核家族化が進みお母さんが孤立しがちな社会環境にあるため、育児不安やストレスに陥らない関係構築が大切です。

助産師求人サービスの人気ランキング ※無料利用できるのでオススメ

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.