松本市の助産師求人なら

松本市の助産師求人を効率的に探そう!

長野県松本市で助産師の募集情報をお探しなら、「ナースフル」のような専門の転職エージェントの利用が効率的です。一例として、下記病院への転職成功者が出ています。利用料も無料なので、転職活動を有利に進めるためにも登録を検討してみましょう!

【上條記念病院】
 長野県松本市 芳川村井町12-1 / 篠ノ井線 村井駅

【国立病院機構 まつもと医療センター松本病院】
 長野県松本市 芳川村井町1209 / 篠ノ井線 村井駅

【相澤病院】
 長野県松本市 本庄2-5-1 / 篠ノ井線 松本駅

【松本市立病院】
 長野県松本市 波田4417-180 / 松本電気鉄道 波田駅

【塩沢産婦人科医院】
 長野県松本市 城西2-1-15 / 大糸線 北松本駅

【北原レディースクリニック】
 長野県松本市 大字島立1081-1 / 松本電気鉄道 信濃荒井駅

松本市の転職に強いエージェントBEST3 ※利用料完全無料

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


助産師誕生

日本の今後のお産を考えたとき、アメリカ合衆国におけるナース・ミッドワイフ(看護師資格をもつ助産師)の成立過程と日本の出 産の歴史にヒントが隠されているといいます。日本の第二次世界大戦後の助産師の位置づけは、当時のアメリカの状況そのままで あったといわれています。

しかしアメリカの看護資格をもった助産師の誕生には意外な点がいくつかあるといいます。そのひとつには、ナース・ミッドワイ フは、医師が求めたものだ、ということです。日本では何となく医師と助産師が職域がはっきりせず、調和というより対立的イメー ジさえある状況と比べると全く異なっているようです。

日本では出産する場所が施設化されたのが1960年代であったのに比べて、アメリカでは1940年の時点で、病院出産が6割にも達して いました。逆に言えば4割は病院以外で生まれていたわけですが、立会者の9割が医師だったといいます。家庭医が自宅等で分娩介 助をしていたということです。

1920年代には、クロロホルムなどを使用した半麻酔分娩が登場し、分娩までの手間や付き添い時間が長くなり忙し過ぎる医師は匙 をなげそうになったそうです。ナース・ミッドワイフをつくって彼女たちが正常産を扱えるようにというのが医師からの発案であ ったようです。日本でも医師が大変忙しいくなっているために、助産師という存在を求めることになってっきています。

日本の出産の歴史はどうだったのでしょうか。江戸後期から明治期にかけて、無資格の産婆から出産の医療化・専門職化が急がれ ました。江戸中期までは、女性はひとりで産むか、血縁関係者の世話になるなど、産婆の前身になるような人が出産を手助けして いました。専門職でも医療者でもなかったようです。江戸後期には未亡人で分娩取り扱いを生業にするなど職業とする者もでてき ましたが無資格でした。

明治期には医制と産婆規則が制定され、分娩介助は医療行為と位置づけられ、産婆学校が各地で開校され、西洋医学的な助産学を 学ぶようになりました。 昭和30年代には出産する場所が施設化されてきました。昭和30年には自宅分娩が82%もあったようですが、昭和40年には自宅分娩 が16%に下がりました。この施設化のリード的存在が助産所でした。昭和20年〜30年の間に有床助産院を開業した助産師が増え始 めたようです。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.