スキルアップできる求人・募集

スキルアップを目指す助産師の方へ

近年は深刻な産科医不足や妊産婦の多様なニーズといった社会的背景から、院内助産所・助産師外来という形で助産師の自立的活動が展開し始めています。緊急時の対応ができる医療機関などにおいて、正常経過の妊産婦ケア・助産を助産師が自立して行う院内助産所や、医療機関において、外来で正常経過の妊産婦の健康診査・保健指導などを助産師が自立して行う助産師外来は、全国分娩施設の約13%程度と、まだまだ普及と推進が求められる状態にあります。しかしながら院内助産所・助産師外来は、健診の待ち時間が減りゆっくり話をきいてもらうことができる、ハイリスクの妊産婦に治療を集中できるなど妊産婦・助産師・産科医それぞれにプラス効果やメリットがあることが分かってきました。

院内助産所・助産師外来は産科病院や産科診療所における助産師の積極的な活用、正常分娩、ローリスクの妊婦の健診、産婦の分娩介助、産後の女性と新生児の健康診査などを助産師が担うことで産科医の負担を軽減し、安心して安全に子どもを生むことができる場を地域に作ることを目的に普及推進がなされています。

その中でより自立的な活動、実践的な能力を必要とされる助産師は今後、よりプロフェッショナル性やスペシャリスト性が問われ、専門性を持った高いスキルが社会的評価につながっていくと考えられます。お産のプロとしてスキルアップするためにも主体的に学び、スペシャリストに求められる資質、専門性の高い知識と技術を修得していく必要もあるでしょう。

助産師のスキルアップとして、エキスパート助産師という認定看護資格があります。エキスパート助産師は、助産師に必要な性と生殖に関する医学・助産学の知識を研鑽することで、助産診断や救急処置などを行うことができ、助産外来で妊産婦や胎児の健康状態や成長など、状態に適切な対応ができるよう診察能力を修得することを目的としています。エキスパート助産師になるには、助産学総論:講義・演習・事例検討(60時間)、助産診断と技術学:臨床講義・事例検討・実習(420時間)、助産管理学:施設見学・講義・事例検討(120時間)の総計600時間に及ぶ教育課程を修了しなければなりません。

こうしたはスキルアップを望むには勤務先に教育課程や体制があるか、または勤務先がスキルアップに対する支援体制・環境にあるか、つまり職場がとても大切になります。理想の職場を探す場合には、助産師をはじめとする看護職専門の求人・転職サイトがオススメです。求人数が多いだけなく、一人一人の夢や目的にあった職場を徹底リサーチしてくれます。

スキルアップ可能な求人情報なら、以下のランキングをご参考に♪

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.