夜勤専従の求人募集

夜勤専従の求人情報をお探しの助産師さん!

病院や医療機関は、昼夜を問わず24時間の管理体制と医療サービスの提供を継続していかなければならないため夜間勤務が必ず必要です。産科や助産師においては、いつ生まれてくる赤ちゃんが生まれてくるか分からない、またはいつ生まれてきても良いように常に体制を整えておく必要があります。

しかしながら助産師を含む医療従事者は慢性的な人手不足を抱え、体力的にハードでスタッフへの負担が大きい夜間帯の勤務は、人員確保とスタッフのやりくりを難しくしています。そうしたニーズをサポートしているのが夜勤専従、夜勤帯に専属で働くスタッフです。

夜勤は夜に出勤して朝まで仕事に従事する勤務体系ですが、生活リズムが昼夜完全に逆転し、夜勤帯は全体的にスタッフ数が減るため仕事の負担率も大きくなります。そのため夜勤というと体力的にキツイ…、家庭や育児と両立が難しい…、とネガティブな面が多いのですがその分、勤務1回当たりの報酬は高く、助産師の平均相場は30,000〜40,000円/回と高額です。最近はこうした夜勤専従スタッフのために24時間の保育施設を完備した病院もあり、子どもがいても夜勤専従で働く人も少なくありません。

夜勤専従で働く場合には毎日勤務があるわけでなく、基本的には病院・医療機関に週1〜2回の非常勤(パート・アルバイト)で勤務しますが、具体的な待遇・処遇については各病院により、勤務先によっては非常勤扱いでも健保・厚生年金・雇用保険・労災など福利厚生が充実していることもあります。また夜勤勤務は法律で月に勤務できる回数を制限(9回144時間)しているため、それ以外の日や時間は自分の自由な時間となります。

非常勤のため病院特有の○○委員会や○○係などに拘束されることもなく、割切った仕事感を持つ人には向いているかもしれません。ただし他の一般的なスタッフより関係性が希薄な上、慣れない環境の中で仕事を進めて行くことが求められるため、よりプロフェッショナル性と高い技術を持っていることが肝要でしょう。

夜勤専従という働き方は少しずつ浸透・認識されてきた感がありますが、額面だけでなく福利厚生や24時間の保育施設などが充実した病院は多くありません。自分のスタイルにあった夜勤専従の求人を探す場合には、「リクルートナースバンク」「マイナビ看護」「とらばーゆ看護」「看護roo」などの看護職向けの求人・転職支援サイトを活用するのがオススメです!一人一人の目的やライフスタイルにあった職場を、仕事探しのプロたちが徹底リサーチしてくれます。

夜勤専従の求人情報なら以下の求人サイトを利用しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※大手の実績&安心感でNO.1に輝く!テレビCMも絶賛放映中。

>>>公式申し込みページへ進む

ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
※看護師業界の転職斡旋実績ナンバー1!
バナー原稿 468×60_b (120806)imp
>>>公式申し込みページへ進む

ベネッセMCM 無料 首都圏
東海・関西
★★★★ 詳細
※首都圏の求人に強みあり!教育事業で有名なベネッセグループが運営。

>>>公式申し込みページへ進む

>> エージェントランキングの詳細を見てみる(6位まで) <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2010-2015 助産師さんの求人サイト All Rights Reserved.